『ひぐらしのなく頃に 業』10話:海外の反応「大石が圭一に対してどんどん敵対的になっていることに驚いてる」

アニメ
©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

『ひぐらしのなく頃に 業』第10話ストーリー

 沙都子の辛い過去を知った圭一は、今まで以上に沙都子のことを気にかけるようになる。そんなある日、沙都子が急に学校を休んでしまう。梨花から事情を聞こうとする圭一たちだが……。

 ひぐらしのなく頃に 業   公式サイトより引用

海外の反応

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
1
1

圭一が鉄平を殺したシーンは別の時間軸からのフラッシュバックなのか、それともこれから起こることなのか? 後者だといいだけど。

2
2

>>1
圭一が叔父を殺したとしても、誰も悲しまない!

3
3

タイムラインには常に違いがあるから、祟りを恐れすぎて、鉄平が戻ってこない時もあるのかも。

4
4

>>3
最初の2章は、鉄平が戻ってこなかったタイムライン。…沙都子の不審な死にコイツが関わってない限り。

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
5
5

章を再開するごとに、大石が圭一に対してどんどん敵対的になっていることに驚いてる。最初は、彼は圭一に非常に友好的で情報提供もしてた。次は中立で、圭一にいくつかのことを尋ねただけ。今回は、質問に答えなかった直後に脅してきた。

6
6

>>5
大石の親しみやすさは、圭一が協力的かどうかに基づいているっぽい。

7
7

>>6
大石から見れば、子どもを虐待するクソ野郎が戻ってきたと聞いたから、すぐに沙都子と話して、できることがないか確認しようとしたら圭一が邪魔してきた。

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
8
8

誰が沙都子の叔母を殺したんだろう? 薬物中毒者だったらしいけど、悟史?

9
9

>>8
3話で大石が前年の事件について話してる部分をもう一度見るといいよ。

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
10
10

沙都子を跡が残らないように虐待した叔父と刑事には何か関係があるのかな? 圭一をつかんだ時に、痛かったのに跡がのこってなかったのは怪しい。

11
11

>>10
傷跡を残さずに痛めつけることを示しただけだと思う。

12
12

かわいそうな沙都子。児童相談所は非常に苛立たしい。警察は何もできないの。

13
13

沙都子がいきなり元気になったのは演技だろうと思ってたけど、そこまでひどいことになってるとは思ってなかった。なんてこった…。

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
14
14

『Nii-nii』を『Big Brudder』と訳してるのはクソ過ぎないか。沙都子が泣いていたシーンで完全に気をそがれた。実生活では誰もこんな言葉使わない。

15
15

>>14
『Nii-nii』は、兄に対する幼児語だから『Big brudder』は比較的正確な翻訳表現だと思う。

16
16

>>15
これは翻訳の表現どうこうの問題じゃなくて、しっくりくるかどうかの問題。『Big Brudder』は変すぎる。こっちだと、日本人のように兄弟のことを『brother』や『sister』と呼ぶ人は誰もいない。俺たちはファーストネームで呼ぶだろ。

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会
17
17

鉄平〇ね!

18
18

>>17
圭一、仕事だぞ。

19
19

冒頭の圭一はすごかった! 首に引っかき傷がないということは、オヤシロ様の影響がない。つまり、純粋な復讐で実行した。

翻訳元 : myanimelist.net & www.reddit.com

コメント

  1. 匿名 より:

    祟殺し編では、リナが死亡した(殺ったのは園崎組)事の関連で鉄平をマークする為に沙都子と接触しようとしていて、そこを圭一が邪魔するから敵対が決定する
    しばらくして圭一が祟りを装って鉄平coolにする。大石は圭一を犯人と確信するので、より高圧的になる

    祟り騙しではどうなるか…イベント進行にすさまじく巻きが入ってるのが気になる

    梨花は…まあ、彼女にやれる事無いので傍観でしょうね。鉄平が帰って来た時点で詰みですし(解決できたのは皆殺し編だけな上に、今の梨花が祭囃し編を経由してる場合はその記憶が無い)

タイトルとURLをコピーしました