『魔女の旅々』7話:海外の反応「FUMI-FUMI」

アニメ
© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会

『魔女の旅々』第7話ストーリー

 『旅人が刻む壁』人によって隔てられた、競い合う2つの土地のお話。『ニケの冒険譚』に綴られた、壁で分断された仲の悪い2つの国。ある日役人が旅人のニケに、壁のこちら側がいかに素晴らしいかを自慢したいと相談する。ニケはおもむろに壁に賞賛の文字を掘り始める。
 『ぶどう踏みの少女』ぶどう酒が特産の「こっちの村」は、道を挟んで競い合う「あっちの村」の姑息な販売商法に対抗するため、イレイナの擁立を企む。最初は乗り気でなかったイレイナも、あれよあれよと担がれるうち、闘志に火が付いてしまう。

 魔女の旅々   公式サイトより引用

海外の反応

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
1
1

最初のシーンには少しの間混乱させられた。イレイナではないことに気付くまで少しかかった。

2
2

胸はイレイナが母親から受け継がなかったものの1つ…。彼女はまだ成長してるから、いずれきっと女性らしい魅力を見せてくれるはず!

3
3

最初のシーンはイレイナのお母さんがニケだってことを確定させた。

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
4
4

サヤのイレイナへの愛が長年の分断の壁を壊した。

5
5

ベルリンの壁を思い出した。ベルリンに行った時は壁の破片を買って帰ったし、2013年時点でもまだ売ってた。

6
6

サヤは村を統一し、イレイナも同じことをした。サヤの彫刻の一部をイレイナが選んだ。これは運命だ。

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
7
7

乙女のドレスを着たイレイナ好き。

8
8

FUMI-FUMI

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
9
9

「それが…それがフェチシズムというものじゃ!」最高の変態紳士村長。

10
10

悲しいことに現実は非情だった。幻想は幻想のままの方がいいこともある…。

11
11

>>10
マーケティングがすべて。その製品が実際に良いかどうかは問題ではないことがある。

12
12

>>11
一応言っとくと製品は良かったぞ。ただ売り方が完全に詐欺だった。

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
13
13

未成年飲酒に関する日本の法律は、ファンタジー界のアニメキャラにも当てはまると思ってたけど間違いだったようだ。

14
14

>>13
リゼロもこのすばも盾の勇者もダンまちも飲んでたし、むしろ逆でしょ。

15
15

>>13
日本に架空の未成年飲酒を描いてはいけないという法律はない。

16
16

この時のイレイナが18歳かはわからない。ストーリーは、タイムライン順に並んでいるわけではない。

© 白石定規・SBクリエイティブ/魔女の旅々製作委員会
17
17

イレイナが村を訪れてから少なくとも5〜10年が経過したみたい。村長の男にはすでに子供がいて、ローズマリーと結婚した可能性が高い。

18
18

>>17
もっと経ってると思う。あの子は孫だから20年以上経っていたに違いない。ローズマリーもかなり年老いて見えた。

19
19

村長大勝利。

翻訳元 : myanimelist.net & www.reddit.com

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうストーリーは結構好きだな。イレイナとニケは胸で判断するんだなww

  2. 匿名 より:

    コメントのアニメは飲んでるのが日本じゃないからなぁ
    日本が舞台だとアニメになった時ジュースに変えられてるのは結構ありそう

  3. 匿名 より:

    ’89年以前だったら作られなかったろうお話か

  4. 匿名 より:

    ヨーロッパでは18くらいから飲める国も多い
    購入に年齢制限があっても飲酒自体には制限がないロシアみたいな国もある

  5. 匿名 より:

    >>購入に年齢制限があっても飲酒自体には制限がないロシアみたいな国もある
    へ~、勉強になります ロシア人は皆お酒好きそうだよね

  6. 匿名 より:

    ロシアは極寒だから、未成年でも保温のためにお酒を飲む必要があるのかな?

  7. あっちとこっち、どっちもどっち より:

    ニケちゃんが提案した旅人が刻む壁って要はたまに自分達の良いところを教えてくれる鏡みたいなもんかな。サヤちゃんは鏡機能を増幅してしまったような?真面目な普通の国民みたいだし、毎日見ていたらうんざりもするよねw

    向こうが見えない壁の国と違ってワインの村は幼稚な争い。お話の最後はイレイナちゃんは初めてのワインで少女からスコッチ大人に、ローズマリーちゃん(のフミフミw)は熟成が進んだようです。

  8.   より:

    ↑ヨーロッパでは18くらいから飲める国も多い

    ヨーロッパの古い時代は水が非常に貴重で、家庭内では食事の時に水代わりに18どころか子供のころから飲んでるところも多かったらしいからその名残もあるのだろうね

  9. 匿名 より:

    18歳どころかヨーロッパでは16歳で飲める国が多いよ
    西欧だと18歳からなのはイギリスぐらいじゃないかな
    ドイツ、スペイン、イタリア、フランスあたりは16歳、オーストリアは州によっては15歳から飲める

  10. 匿名 より:

    サヤさんについてはサイコ度が原作より下がってしまってたのが残念だったな
    原作だとニケの筆跡を見てこの感じ、ずっと前に宿の台帳で見たイレイナさんの筆跡にそっくり!お母さんに違いない!初めましてお義母さんサヤです!これはもう結婚ですねぐふふ…的な妄想を600字以上に渡って展開して役人さんにドン引きされていた

  11. 匿名 より:

    >18歳どころかヨーロッパでは16歳で飲める国が多いよ

    西洋人は全ての人にアルコール分解能力があるからね。
    水のように飲める。
    日本人は半分くらいの人がアルコール分解能力が無い。
    日本は酒に弱い人が多いから、子供の健康や安全を考えて飲酒年齢引き下げは無理かな。

タイトルとURLをコピーしました